​おかもとえみ

 8th full album『DISCOVERY』発売特別企画 

8th full album『DISCOVERY』の発売を記念し、fox capture planと交流の深いアーティストや

著名人の皆様にアルバム収録の楽曲を交えたプレイリストの作成して頂きました。

※随時更新していきます。

プレイリスト】

『DISCOVERY』からはTrack11.「不可思議のカルテ」を選曲。

​   ⇒ 「DISSCOVERY」リリース記念おかもとえみplaylist

ASCA

『DISCOVERY』からはTrack11.「不可思議のカルテ」を選曲。

​   ⇒ Songs selected by ASCA on SPOTIFY

Marina(Aldious)

『DISCOVERY』からはTrack7.「NEW ERA」を選曲。

​   ⇒ 『DISCOVERY』リリース記念Marina(Aldious)playlist

菅原卓郎

(9mm Parabellum Bullet)

『DISCOVERY』からはTrack8.「夜間航路」を選曲。

​   ⇒ 『DISCOVERY』リリース記念菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet) playlist

kolme

『DISCOVERY』からはTrack8.「夜間航路」を選曲。

​   ⇒ 『DISCOVERY』リリース記念kolme playlist

Schroeder-Headz

『DISCOVERY』 からはTrack.2「PRDR」,Track.11「不可思議のカルテ」,Track.9「Stand My Heroes」,Track6.「Narrow Edge」,Track.3「Spread Out」,Track.1「Into the Spiral」,Track.10「numb」を選曲

​   ⇒ 『DISCOVERY』リリース記念/Schroeder-Headz playlist

松下奈緒

『DISCOVERY』 からはTrack.1「Into the Spiral」を選曲

 『DISCOVERY』リリース記念/松下奈緒 playlist

 

コメントも頂いております。

「今回の作品はどんなアルバムなんだろうと、聴く前からワクワクしていました。アコースティック感とエレクトリカル感のコンビネーションがすごく私好みです!時にメロディアスで、時にハードで、多彩で多才で多面なアルバムです。お三人のプレイもカッコよくて、ライブで聴いてみたい!と思う曲ばかり!新たな fox capture plan を「DISCOVERY」したような気分で聴かせていただきました。また一緒に音楽できる日を楽しみにしております。」

小手伸也

『DISCOVERY』 からはTrack.2「PRDR」,Track.5「Sprinter」を選曲。

 『DISCOVERY』リリース記念/小手伸也 playlist

 

コメントも頂いております。

「fcpと併せて楽しむ小手伸也のマニアックなセカイ」インストを中心に小手が愛するハウス・テクノ系からアンビエント・ワールドミュージックといった、日頃からおおよそJポップとは慣れ親しんでいないであろう層に向けた「絶対に人とかぶらないプレイリスト」!小手のマニアックな所蔵音源の中でも、特に「何処か自分の知らない遠くのセカイに連れて行ってくれそうなイメージ溢れる音楽」を厳選。fcpのファンの皆様なら分かってはくれまいか?ぜひ分かち合いたいです!

プレイリストの解説コメントも頂いております。
1:アフリカンパーカッションとケルティックミュージックの融合。まさに異世界に踏み込む感じ。こういう民俗楽器をfcpさんも取り入れてはくれまいか?

2:実はワタクシ、99年のフジロック以来のUnderworldファンでして(といっても映像で見ただけ)、このカバーは選曲せずにはいられませんでした。

3:アイルランドの切り立った海岸線を飛んで行くかのような疾走感とバグパイプの抒情的な音色、どうですかね?fcpにもバグパイプ。

4:ブルージーな音楽とネインティブ・アメリカンの歌唱の融合。炎と人影。見たことのない祝祭のイメージ。

5:ワールドミュージック界の巨人ピーター・ガブリエルとエスノハウスの潮流を生んだ伝説のディープ・フォレストがコラボした夢のような一曲。眠らない夜の地球を駆け回るイメージ。

6:ジャージーな雰囲気に合わせて奴が躍る!MVではお世話になりました(笑)サントラ盤も好きですが、やはり僕はこちらを推したい!

7:ニューエイジ、テクノといえばYMO。最初に衝撃を受けたのは皆様お馴染みライディーンでしたが、少しだけ「通」ぶりたかった僕は、当時からあえてこの曲を推していました。

8:僕の愛するUnderworldから、あえてこのプレイリストになじませるならこの一曲!という思いで。

9:最新アルバムから。「衝動の粒子」とか「疾走する閃光」のような三人とも忙しそうな曲が大好きなので、その流れを組んでいると思われるこの曲を。やはり好きですねこの感じ!

10:リサ・ジェラルドは映画音楽の人ってイメージですかね。とにかく楽曲が神秘的で、魂があの世に引っ張られそうになるがそれもそのはず。歌っている言葉が独自言語でほぼ心の赴くまま。ハマり過ぎ注意です(笑)

11:プリンセス編は個人的に涙腺崩壊曲が多いんですが、その中から一番ヤバかったこの曲を。

12:ディープフォレストと双璧を成すヒーリング系ハウスミュージックの巨匠にして、僕が劇団を作るキッカケになったくらいに創作のイメージをかきたてた「人生を変えた一曲」です。

13:ワールドミュージックの中でもケルト系にハマっていた時期がありまして、特に現代音楽に組み込まれると簡単にトリハダ出ちゃいます。もう一度言いますがfcpに取り入れてくれませんか?バグパイプ(笑)

14:T‐SQUAREのオーメンズ・オブ・ラブ(この曲も好きですが)に通じる前向きなエネルギーに満ちた一曲。走り出したくなります!

15:菅野よう子さんも好きな作曲家の一人で、特にシートベルツとして取り組んだこのサントラは秀逸だと思っています。トライバルな魂が宇宙にまで登っていくようなイメージ。

16:この曲も僕の人生を変えた一曲です。電車の中から夕暮れを見つめていたらイヤホンからこの曲が流れてきて、なんか急に自分と遠くの世界が繋がっているような気がして涙が出ました。アナタは孤独なんかじゃない。みんな世界と繋がっているんです。

17:このプレイリストを穏やかな気持ちで締めくくる一曲。エンディングですね。何か偉大なことを成し遂げて、ようやく日常の待つ我が家へ帰った感じでしょうか。おやすみなさい。お疲れ様でした。ありがとう。

18:で、忘れた頃にやってくるアイツですよ。ダーグネイビーのスーツ、銀縁メガネに横分けオールバック、話によるとその場のノリで、大体15分くらいで自分のテーマとしてこの曲を作ってもらったアノ男。本当にお世話になりました。今度こそ本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んでください。アッチ行け五十嵐!

金子ノブアキ

『DISCOVERY』 からはTrack.4「Discovery the New World」、Track.8「夜間航路」、Track.11「不可思議のカルテ」、Track.10「numb」を選曲

​   ⇒『DISCOVERY』リリース記念/金子ノブアキ playlist

Keishi Tanaka

『DISCOVERY』 からはTrack.6「Narrow Edge」、Track.8「夜間航路」を選曲

​   ⇒『DISCOVERY』リリース記念/Keishi Tanaka playlist

社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)

『DISCOVERY』 からはTrack.1「Into the Spiral」を選曲

​   ⇒『DISCOVERY』リリース記念/社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS) playlist